選挙とデッカイ餃子

朝からしっかり雨。台風雨である。
選挙の投票日だ。投票所は歩いて6・7分の公民館。
行かねば。

風もあったのでウォーキング用のカッパの上下を着て出かけた。
9時少し前、投票所は順番待ちで並ぶぐらいだった。じきに順番が来たが。

どうか、どうか、善い風が吹いてくれますように。

b0291805_14204672.jpg





そして、9時から同じ建物の調理室で「餃子作りの会」。
地元の中国語教室の先生主催で、近隣の市のあちこちから受講生が集まった。
皮から作るのだ。私は初めての参加。

味と形は先生の故郷のもの。ハルピン仕立てとでも。
具が混ざった後、先生のところに持っていくと、先生自らが味付け。
醤油にオイスターソースに、中国製の餃子の素みたいなものを入れ、味精(味の素)も入れた。
もちろん、水餃子と焼き餃子では少し調味料もちがっていた。春雨入りは、これを、とか言って。
そして最後にネギ油(これも作った)を入れて具の完成。
皮を作る傍らで、包む人。その隣で焼く人、みるみる出来上がった。

b0291805_13233996.jpg
それにしてもデカイ餃子だ。水餃子もこれより少し小ぶりなだけ。
大中小とふぞろいで、焼き過ぎて色の濃いものも愛嬌のうち。
なんだか、皮の薄い肉まん的印象だけれど。



b0291805_13235725.jpg
b0291805_13234635.jpg
男性陣が洗い物をせっせとしてくれて感心してしまった。食器も出してくれるし、こまめなのだ。
女性たちが小姑みたいに、玉ねぎの切り方だの、白菜のしぼり方だのアドバイスしていたのが面白かった。


いつのまにか、おにぎりも出来上がっていた。
b0291805_13241268.jpg

このほかに先生お手製のザーサイがあって、中国茶が出て、みんなでパクついた。
もちろん、美味しかった。
余ったものは持ち帰り、私のきょうの晩御飯は餃子である。


楽しい半日だった。



雨、午後になって激しくなっている。台風は今夜から明日朝にかけてこちらに来るらしい。
被害が出ないといい。












[PR]
# by wawa38 | 2017-10-22 14:10 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

神仙沼

木道を15分ほど歩いて行ったところに湿原があった。
ニセコの神仙沼。

b0291805_19180252.jpg

b0291805_19173112.jpg


b0291805_19175101.jpg
今回の旅で、一番のお気に入りの場所。
初見の積雪? 木陰に雪が残っていた。

茫々として寂しく、凛と美しく、空の色を映した沼。







ツアーなので、あっちこっちと行ったが、ゆったりのコースだったので楽だった。
大型バスに19名、ということで二つの座席を一人で使っていた。
しかし、あのバスガイドには参ってしまった。スイッチの切れないラジオが一日中ボリュームいっぱいで流れていたような。
時代が変わっているのだから、ガイドの在り方も変わってほしい・・・と、文句を言うのなら個人旅行をすればいいだけのことなのだけれど。


ツアーの参加者は、シニアの夫妻が多く、女性の二人連れは二組。シニアは旅行会社のお得意さんである。私たちも、カモ。
私と妹は温泉が好きなので選んだコースだったが・・・
函館の夜景を見に行かなかったのは私たちだけ、五稜郭でタワーに上がらなかったのも私たちだけ。
へそ曲がり姉妹ですね。





どこの観光地もインバウンドの人のパワー全開という感じだった。
インバウンド専門の観光バス、と思えるものもちらほら見かけ、函館の朝市など、(バイトかな)中国語圏の人があちこちに売り子として働いていた。中国語で、「触るな」とか「日本国内のみ宅配可」などの張り紙があるというのも時代である。



b0291805_19202531.jpg



帰宅してから、豊橋の友人たちと浜名湖まで出かけ(ウナギ食べました)、
その翌日は、24時間心電図というのを付けに内科医に行き、そのまた翌日は外しに行き、
今日は、家に籠っている。
なんとなく疲労感がある。でも、早朝と夕方には散歩。「気の向いた時だけ散歩」をしているのだから大したものではない。




明日には、疲労感はなくなっている、たぶん。




                     (大沼湖で)
b0291805_19204515.jpg



[PR]
# by wawa38 | 2017-10-13 16:30 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

夜明けの月


夜明け、カーテンを開けたときだった。

目の前の風景に思わず息をのんだ。




b0291805_19183875.jpg







全体の風景。
b0291805_19375036.jpg


写真ではあまり伝わらないが幻想的だった。






明るくなってから。
b0291805_19185742.jpg



外で。
b0291805_19191015.jpg


羊蹄山。
b0291805_19192254.jpg


洞爺湖。
昨年、年の瀬に亡くなった友人から、このホテルのことを聞いていた。
また行ってもいいから、機会があったら一緒に行こうと言ってくれたけれど。



今回、妹と一緒だったが、夕食前に高校時代の友人から携帯に電話があった。
「今、旅行中なの」と言ったら、「誰と?」。
「誰と、って・・・」
妹が隣で声を張りあげて、「ごはん、行くよ~」と。


どなたか素敵な人と一緒だったらよかったかしらね(笑)


艶っぽいものは何もなかったが、妹と笑いころげながらの旅。
体調に波があるこのごろ、いつまで行けるか。
今しかないと、そのような気持ちで楽しんできた。





バスの車窓から。
              
b0291805_19195081.jpg



               



[PR]
# by wawa38 | 2017-10-08 20:21 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

法事

母の七回忌と夫の17回忌。一緒に行なった。
妹夫妻と3人だけ、お寺でお経をあげてもらって、墓参りをした。



その帰り道。
b0291805_02045693.jpg
ここは、母を荼毘に付すとき、通った道である。あの時も咲いていた。




夫の亡くなったのは10月の体育の日なので、母との中間の日を選んだのだった。

b0291805_02062789.jpg
夫がなくなって、16年、よく一人で生きてこられたものだ。
故人たちに無事を感謝して、この先も見守っていてくれるよう頼んだ。
今までありがとう、これからもよろしく、である。

妹たちと食事をしながら、しみじみ回想していた。
妹の夫君は、私の夫の友達なのだ。
よい法事だった。






この日の夕陽。
b0291805_02060073.jpg






今の国会解散騒動はどちらを見ても嫌になる。
自然はいいなぁ。







[PR]
# by wawa38 | 2017-10-01 02:35 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

海辺の動物園

日の出。

b0291805_14453564.jpg
海を埋め立てた公園側から見た光景。マリンパークというこの公園、河口にある橋を渡っていく。実は、昨日の日の出。
陽が昇る前に家を出なければ日焼けすると思って、頑張って早起きしたのだったが、お日様に追い抜かれてしまった。





きょうは、同じ公園内でもいつもと反対の方向へ歩いてみた。



なんと、キリンがいた。
b0291805_14475608.jpg


ライオンも。

b0291805_14480558.jpg
公園管理事務所の敷地内。
なんで?


笑ってしまった。


もちろん、本物ではない。

反対側は見通しもあまりよくなく、朝は人が少なすぎて一人で歩くにはちょっとコワイ。
だから滅多に行かないし動物がいるなんて今まで知らずにいた。



b0291805_14501421.jpg
こちら側に戻ったら、コサギがいっぱいいた。
本物だ。



b0291805_14470332.jpg
この鳥、いつも同じ場所にいる。
脚が長くていいねぇ。






b0291805_14492925.jpg




b0291805_14463509.jpg






雲の多い朝。写真を撮るにはやはり青空がいい。海は空の色を映すから。
でもこんなぼうっとした景色も好きだな。
b0291805_14494829.jpg

私自身がぼうっとしているからね。



今日はお彼岸。
墓参りは、母の命日20日に行ったし、もうじき法事もするので、今日は行かない。
妹の家でお茶を点ててもらい、栗蒸し羊羹をいただいた。

来週から少し忙しい。



[PR]
# by wawa38 | 2017-09-23 16:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

日焼けは禁物なので

b0291805_20571217.jpg

彼岸花、お彼岸の時期にきちんと咲く。
なんと律儀。えらいねぇ、君。

日傘の下でパチリ。

b0291805_20570306.jpg

本当は、新美南吉の里のウォーキングに行きたいのだけれど、先日の帯状疱疹の痕が首筋にある。痕をできるだけ残さないためにも日焼けをしないように医者から言われている。今は我慢のとき。
南吉の里は、いま彼岸花が一面に咲いているそうだ。また来年かな。




b0291805_20580747.jpg
明日葉の花。コンテナ栽培でもふつうに大きく育ち、花まで咲いた。でも食用にするには量が足りない。
夏中、緑を楽しめたからよしとする。



b0291805_20573175.jpg
ベランダに這い出したオリズルランの一種。増えすぎて。


b0291805_20574182.jpg
ハイビスカス。育ち過ぎたので枝を詰めたから、今年はもうこれが最後かもしれない。




秋晴れの一日だった。
夏物衣類の整理をして、秋物と入れ替えをしていた。


平和な日。
続いてほしいけれど、

テレビから聞こえてきた首相のあの演説!
「必要なのは対話ではなく、圧力だ・・・」

あのう・・・、今まで対話の努力をしたことあったの?
そんなことを言えば、却って火に油を注ぐことにならないかな。
いまの北朝鮮の状況、日本が国際連盟を脱退したころの歴史を、ふと思い浮かべてしまう。

そして増税する消費税を教育費に充てるとか・・・??
いまの若い世代にはいいことのようではあるけれど、我々世代には厳しいことになりそう。
それに、借金を返さずに使ってしまっていいの?
未来の子供たちにも厳しいことになるのではないの?


制度にはあまり詳しくない一般市民の私ではあるけれど、感じるのだ。
やな空気を。



b0291805_20591949.jpg







[PR]
# by wawa38 | 2017-09-21 22:11 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

茄子のついでに

友人が家庭菜園で採れた茄子を持って来てくれた。
いつもエントランスのところで、ちょこちょこっと話してあわただしく帰っていく。

b0291805_21530929.jpg
今日は孫を一人連れてきたから、いつもに増してせわしなかった。

で、
「北朝鮮、怖いねえ。トランプも何するか分からんし、二人とも病気にでもなって引っ込んでくれないかしらん。・・・北朝鮮が圧力で引き下がるとは思えんわ。プーチンさんの言っていることの方が、納得できる。△※×◎・・・」
と言って去って行った。

私同様、フツーのおばさんである。(違うのは私はあんなに早口ではしゃべれない)
そのフツーのおばさんが思うこと。可愛い孫の未来のために。




b0291805_21570035.jpg
               (西施の衣装のようだ)


茄子のついでのおしゃべり。


あ、ついでにもう一人、日本の首相、今はお腹の具合はよいのだろうか。





[PR]
# by wawa38 | 2017-09-19 11:16 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

夕焼けこやけ

いつどこで見ても飽きない夕焼け。

b0291805_11582859.jpg












刻々と色を変えていく。

b0291805_11582234.jpg










なぜに、こんなに美しいのか。


b0291805_11584360.jpg
私だけでなく、数人がカメラを向けていた。










b0291805_11590199.jpg
                内科医の窓に映っていた。












山の向こう側が燃えているよう。







夜の中に燃える心を鎮める。いえ、燃え殻をそっといたわる夜が来る(うそです)・・・(笑
燃えるものがあったころが懐かしい・・・

b0291805_11591599.jpg




[PR]
# by wawa38 | 2017-09-14 12:24 | 風の色 | Trackback | Comments(2)

ゲラゲラ笑う

いま通っている中国語の教室の良いところは、先生が声調をしっかり注意してくれること。
中国語は、声調がちがうと全く通じない。

日本で暮らしている中国人の先生たちは、賢い人が多く、日本人の声調や発音が多少違っていてても聞き取ってしまうし、面倒だからいちいち注意しない人がほとんど。その方が授業は速く進むし営業的にもよいのだ。

声調・・・上がったり下がったり、下がって上がったり、平らだったり、軽声と言って声調がなかったり、とってもややこしい。
本当は、耳で覚えてしまって習慣にするのがいいのだけれど、なかなか出来ない、ナマケモノの私。



b0291805_22400281.jpg

今日は、出嫁(嫁ぐ)を、出家(出家する)と読み、注意されて、自分でもゲラゲラ笑ってしまった。
この二つ、発音は全く同じだけれど、声調は、嫁ぐの方は一声四声、出家の方は一声一声。
たったそれだけのことなのに、それだけのことが重要。

結婚式で父親が嫁ぐ娘の手を引いて婿に手渡す、というくだりを、「出家する」と読んだら意味不明になってしまう。

笑ったついでに「心不在焉」・・・心ここにあらず、という言葉を先生から聞き出して、
今日の私はうわの空でした、と言ってみた。

そして、ここに書き込んで記憶を上書きする。

(中国語に興味がない人にはつまらない書き込みで、訪問してくださった方、すみません。)

b0291805_22400728.jpg
この教室は、少人数クラスで、変なおじさんもおらず(どこの教室にも変なおじさまが一人ぐらいいる)、
厳しいけれど楽しい。レベルも私にちょうどいい。
いいところを見つけたのかもしれない。

たまにきずは、平均すると月に3回しかなく、授業料は少々割高。
でも自習だけでは上達しないし、気分転換を兼ねていると思えばいいのだ。
一人暮らしでボケないためにも外へ出て人と触れ合いたい。

b0291805_22395685.jpg

笑ったせいか、気分の良い私。笑うことはよいことなんだなぁ。



[PR]
# by wawa38 | 2017-09-12 21:10 | 中国語 | Trackback | Comments(2)

恥ずかしくてたまらない

ナナちゃん。高校生がデザインした服を着ています。
b0291805_21262175.jpg



俳句の講座が一か月ぶりにあり、今回の私は先生の評は一句も戴けませんでした。
その上、穴があったら入りたい、暗闇の底に隠れて10年ぐらい出たくないほどの言葉の間違いをしてしまいました。
俳句には独特の用語や読み方があります。付け焼刃がバレバレでした。

またまた自信喪失です。

しかし、自分自身が下手でバカなのはまだいいとして、他の人の句にさほど感動しないわが心の方がもっと悲しかったのです。
先生が二重丸の選(特選)をされた句にも、初めのうちは「それがどうしたのよ」なんて思っていました。
先生の句でさえ、よいとは思わなかったのです。

けれど、日々の暮らしを大事にし、日常や風景や行事のほんの一瞬をつかまえて詠むこと、それはすなわち自分の生き方を大事にしているということです。

私は大事にしていない・・・それは、俳句だけでなく、他の方のブログを拝見していても思います。日々の暮らしを大事にして、特別なことではないように見えて、皆さん見事な暮らしぶりなのです。

私のように、気分を滅入らせてばかりで、足元がかたまっていないようでは何をやってもダメなのでしょう。
そのことは解っています、私自身が一番。
感性うんぬん以前の問題です。

b0291805_21263912.jpg
空は、まだ夏のようですが、吹く風には秋を感じます。


さて、気を取り直して、めげずに歩きましょう。
今日は午後、(旅行中の)妹の家の見回りにも行ったので一万歩をゆうに超えました。

妹の家の近くの花屋さんで、ネギの鉢植え(小ぶり、45円)を売っていたので買ってきてしまいました。
糸のように細いネギ、いつ食べられることでしょうね。
それより、ベランダにこれ以上、鉢を増やしてどうするのよ。



[PR]
# by wawa38 | 2017-09-09 22:55 | 風の色 | Trackback | Comments(4)