夕暮れしっぽ

wawa38.exblog.jp
ブログトップ

昔書いた詩を

ここ数年、詩がさっぱり書けなくなりました。現実の出来事がが創作を超えているからです。でも、書きたい気持ちだけはあります。

そこで、随分以前に書いたものを引っ張り出しました。
これを読み返すことで、また書けるようになれるといいと、かすかな希望を持って。

b0291805_23535574.jpg
                  (2017・1月・19日。宮古島)

しかし、この作品、15年くらい前になるでしょうか、書いたのは。
晒すのは恥ずかしいのですが、これだけ以前のものとなれば、もう自分のものと思わなくてよいのかもしれません。






           異常潮位

   風が走る
   ぱん と
   張った帆が遠くすべっていく

   潮位が高くなっている
   目の高さの水平線から
   海が昇る

   昇る水平線
   遠くすべっていく帆
   異常も
   正常も
   見分けない満満としたものが
   押し上がり
   海が海からこぼれ落ちる

   こぼれた海が
   ひたり ひたり
   足元を浸してくる

   虹の色も
   薔薇の香りも
   開いた本も
   食卓のパンも
   順に浸されていく

   逃げていく蜘蛛や鼠
   高みで見ている鳥たち

   浸されながら
   ただ見ている
   わたしたち


                  ( by A子  )





何かのメタファーとして読んでいただけたら幸いです。
読み方は読み手の自由、っていうところです。
最後の連が唐突だなぁ・・と自分的には思っています。手直しするかもしれません。







b0291805_23534003.jpg
    (この鳥、今の時期は私の家の周辺にいません。もしかしてここに?)


宮古島の東平安名崎の海には津波石というものが転がっていました。
その昔、津波によってそこに転がってきた石たち。
日本は南から北まで地震の国なのだと思いを新たにしました。


b0291805_00322416.jpg



[PR]
by wawa38 | 2017-03-07 00:43 | 詩に関して | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wawa38.exblog.jp/tb/26701593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by unburro at 2017-03-07 08:04
宮古島行ってらっしゃったんですね。
冬の南国も、いいものですよね。

>海が海からこぼれ落ちる

ああ、カラスも浮いています。
Commented by wawa38 at 2017-03-07 08:36
> unburroさま

あははは、腕が悪いのですね。一瞬で撮ったものですから(*^-^*)
これ、たぶんイソヒヨドリです。大きいカメラを持って行かなかった・・・おバカなんです(^_^

宮古島、気に入りました。この日だけお天気が良く、あとの二日は曇り、たまに小雨、風つよし、だったのですけれど、それでも(*^^)v
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。