夕暮れしっぽ

wawa38.exblog.jp
ブログトップ

東京は人が多かった

昨年、京都の迎賓館を見てきた後で、次回は東京の迎賓館へと友人たちの間で決めてありました。今回、希望者は7人で、個人で行くのにはセッティングする人の負担が多すぎるということで、ツアーを利用しました。(個人で和風別館付きを申し込んだことがあったのですが、抽選に漏れました)



初めに感想を言ってしまいますが、私は、あのヨーロッパ感覚の建物も内部も、あまり感動を覚えませんでした。今回、和風別館は見ていませんから京都とは比べられませんが、あちらの方が余程、上質なものを感じました。

b0291805_22402624.jpg
内部は撮影禁止、壁もカーテンもふれてはならない。係員の人が、あちこちで叫んでいました。

欅の間もありましたが、白い壁に金の装飾、天井画。ヨーロッパの模倣という印象。日本は、明治の鹿鳴館から卒業していないのだなぁ、と思ってしまいました。

b0291805_23583243.jpg



順序が違いますが、
一日目は、東京駅のステーションホテルを見学しそこでランチ。

午後は、世界遺産になった西洋美術館に行き、ルオーの絵を探しました。
その昔・・・昔といえるほど遠くなった思い出ですが、夫が東京で二週間ほど研修を受けていたとき、着替えを持って行ったことがあったのです。そのとき、上野の西洋美術館に行き、印象に残っていたのがルオーの絵でした。

b0291805_22385078.jpg

でも、あのときのルオーじいさんの絵は見つけられませんでした。


b0291805_22383164.jpg
ここは、フラッシュを焚かなければ撮影OK。



庭にいたカラス。
b0291805_22373877.jpg


翌日は、朝ゆっくりホテルを出て、築地の場外を散策して食事。
築地は、7割ぐらいが外国の人ではないかと思うくらいで、人であふれかえっていました。

b0291805_22401079.jpg
目玉が、店先で空をぎょろり。
b0291805_22402811.jpg

その後の迎賓館でした。団体で申し込んであったのに並びました。
セキュリティーチェックで時間がかかるようです。


迎賓館を出たのちは、明治神宮へ。
やはり外国の人が多い印象でした。
結婚式まで外国の方・・・

b0291805_22404640.jpg
東京はどこへ行っても、人がいっぱい。
この中で、生粋の江戸っ子はどれほどなのでしょう。




今回は、私たちにしては珍しくリッチな旅でした。一泊なのに、私が先日、三泊四日で上海と江南へ行った費用の倍以上なのです。


ツアーの参加者は、ほとんど私たちと同じ年代のシニア層。
この年代は、旅行会社のお得意様なのですね。

私たちの仲間の中には、病気で動作が少し緩慢になった人がいます。仲間で補佐しています。そのうち、わが身も似たようなことになるかもしれません。



この門が開くまで、もうしばらく、仲良しの友人たちで旅を楽しむことにします。
b0291805_22390229.jpg









[PR]
by wawa38 | 2017-04-02 23:47 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wawa38.exblog.jp/tb/26761939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2017-04-03 21:53
東京に長く住んでも迎賓館に入ったことはないです。
明治神宮も数えるほど、美術館は障がい者割引で無料なのにあまり行かない。
引きこもりでもないのになあ。
Commented by wawa38 at 2017-04-04 23:24
saheiziさま

地方在住の私などにとって、東京は観光地の一つです。
見どころがたくさんあるので、東京に住んでいる人が羨ましくなるときがあります。
Commented by mother-of-pearl at 2017-04-06 13:22
こんにちは!
お帰りになっていらしたことに、気付かずにいました。

東京にいらしていたのですね!
私が移動でよく通り過ぎる場所も見えて、
嬉しくなりました。

どこに行っても人人人、の街ではありますが、
時々その雑踏に紛れ込むのは楽しいです。

⬇︎の旅行記を興味深く読ませていただき、
一緒に楽しんだ気分になりました。
Commented by wawa38 at 2017-04-10 19:43
mother-of-pearlさま

帰ったというか、なんだかね、話し相手のいない星で暮らすのはなかなかに
精神力が必要で。
気の弱ったとき、ここへ戻っています(^_^

東京は、私にとってはあこがれの地です。
その響きだけで、別世界って感じかしら。
いいですね、そこに住めるって。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。