夕暮れしっぽ

wawa38.exblog.jp
ブログトップ

木曽路はすべて山の中じゃなくて、桜、さくら。妻籠宿から桃介橋へ。

b0291805_15275060.jpg
バスハイキングで妻籠宿に行ってきました。

b0291805_15262949.jpg
朝の10時ちょっと過ぎです。妻籠の第三駐車場でポトンと落とされた感じで始まったウオーキング。


目的は、中山道を歩いて桃介橋まで行き、そのさきのミツバツツジだったのですが、今年はまだ少ししか咲いていませんでした。


その代わり、桜、さくら・・・

b0291805_15261092.jpg

お天気も良く、ウォーキングには最適!

b0291805_15262097.jpg
b0291805_15285673.jpg





こんなところに、誰の靴??
b0291805_15311784.jpg


妹が一緒でした。
b0291805_15280651.jpg
                   (注意 ↑ )・・・私たちのことかも




b0291805_15290435.jpg





花の、あれこれ。
b0291805_15301805.jpg
b0291805_15313514.jpg
b0291805_15292685.jpg

ウグイスが鳴き、美味しい空気を吸って、妹と冗談をいいながらテクテク。

b0291805_15283809.jpg


b0291805_15244763.jpg



そして桃介橋に。川に鯉のぼりが渡してありました。
b0291805_15284611.jpg
b0291805_15250183.jpg
橋の下に和菓子の美味しい店があって、ちょっとコースをはずれて栗きんとんを買ってきました。
この辺りは、栗きんとんで有名な店が多いのです。

b0291805_15255919.jpg
この近くに「読書発電所」があって、今まで「どくしょ」と言っていましたが、今回「よみかき」と読むことを初めて知りました。声に出して言ってしまって、ちょいと恥ずかしい・・・、固有名詞だから仕方がないにしても、世の中、知らないことの方がずっと多く、知っていることなど、ほんの僅かなのだと思いを新たにしました。




のどかな風景の中を、のどかに歩いた一日。五平餅、おやき、栗まんじゅう・・・。
せっかく7キロ歩き、その上、妻籠城址跡まで登り汗をかいてカロリーを消費したのに、それ以上に補給したようです。とほほ。





ミツバツツジはこれ。
b0291805_15281899.jpg
ほんとうは群生が見られるはずでした。
でも、遅い桜も見ごたえありました。


妻籠は何年ぶりなのか、思い出せば、前に来たのは確実に20年以上は前のことです。
あのとき一緒だった夫妻は夫の友人で、すでに夫を含めた3人ともに、この世に居ません。あのころ、私より余程体力があり、あんなに元気だった3人。
どこかで見ているかな、私を。



次回は馬籠の方にも行きたいと思っています。





[PR]
by wawa38 | 2017-04-15 16:36 | 歩く | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wawa38.exblog.jp/tb/26790809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro2831 at 2017-04-15 17:44
お天気にも恵まれて最高でしたね
馬籠、妻籠は近いのでいっぱい行ってますが
この橋は知りませんでした

姉妹でハイキング
元気で行ける、いいなぁ~~(^_-)-☆
Commented by saheizi-inokori at 2017-04-15 22:36
わたしも30年以上も前に妻籠、一緒に行った人たちの消息も知らないのだなあ。
そんな冷たい人生だったのかと、ちょっとヒヤリ。
Commented by wawa38 at 2017-04-16 23:13
> hiro2831さん

実は、妹だけではなくて妹の相棒さんも一緒でした。
「僕も連れてって」ですって(^^

馬籠、妻籠はいいところですよね。以前は車で行ったので、どこかそのあたりの温泉に入ったのでしたが・・・
Commented by wawa38 at 2017-04-16 23:17
> saheizi-inokoriさん

妻籠、私のところからは比較的近いので、最近は気持ちも向かなかったのですが、
思い出巡りと言いますか、なんとなく行きたくなったのです。
そんな時期なのかもしれません(^^

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。