2017年 08月 09日 ( 1 )

香菜(パクチー)

b0291805_22254831.jpg
中国語の講座が終わってから、そのメンバーでランチに行った。
全員でも4人。少人数クラスなのだ。
周辺のランチ情報に詳しい方々に連れられて、主にビジネスマンが立ち寄るお値打ちな店に。

ゲートタワーが出来てから、大名古屋ビルヂングは以前ほど混まなくなったとか。
で、この日はベトナム料理の店に。

そこに当たり前のようにしてついてきたのがパクチー。
中国語でシャンツァイ(香菜)。

たいていものもは食べられる私が苦手とする数少ない食材の一つ。

b0291805_22270890.jpg
なぜ苦手になったかと言えば、
最初の出会いが悪かったのである。


天津の屋台で売っていた「餅・bing」。
お好み焼きを薄く大きくしたようなものをクルクルと巻いてあった。その中に香菜はあった。
一口食べて、生臭さ(そう感じた)に、やっとの思いで喉を通したのを覚えている・・・半分くらいは残した。


あのイメージが未だ消えない。

天津の想い出は、どれも懐かしく、今や甘い青春の香りがする。まさに私の第二の青春だった。
だから、香菜も懐かしい味ではあるのだけれど。
当時、屋台で食料を賄えば、一日10元以内で過ごすこともできた。若い子たちと同じような体験ができることが嬉しく、私は何でも(臭豆腐でさえ)構わず食べられたのに。


その後、台湾で食べた牛肉麺(ニュウロウミエン)に、パクチーが入っていて、とっても美味しいニュウロウミエンだったが、そっとどけたのも覚えている。

昨年、海南島に一緒に行った若いTちゃんがパクチー大好きで、お椀に山盛りなのを食べていて、びっくりしたのも記憶に新しい。



b0291805_22260040.jpg
で、今回は、香辛料が勝ったのか、ふつうに食べられた。

これなら今後、いけるかも。
ベトナム料理、お値打ちで美味しかった!


3回に一度ぐらいしか参加しないランチ。
お店情報を知るにはいい。
一人では知らない店にはめったに行かないし。





b0291805_22264839.jpg
ここは夕方訪れたスーパーの前。
まだまだ暑い夏は続きそう。









[PR]
by wawa38 | 2017-08-09 23:24 | たべもの | Trackback | Comments(4)