カテゴリ:日常生活( 22 )

選挙とデッカイ餃子

朝からしっかり雨。台風雨である。
選挙の投票日だ。投票所は歩いて6・7分の公民館。
行かねば。

風もあったのでウォーキング用のカッパの上下を着て出かけた。
9時少し前、投票所は順番待ちで並ぶぐらいだった。じきに順番が来たが。

どうか、どうか、善い風が吹いてくれますように。

b0291805_14204672.jpg





そして、9時から同じ建物の調理室で「餃子作りの会」。
地元の中国語教室の先生主催で、近隣の市のあちこちから受講生が集まった。
皮から作るのだ。私は初めての参加。

味と形は先生の故郷のもの。ハルピン仕立てとでも。
具が混ざった後、先生のところに持っていくと、先生自らが味付け。
醤油にオイスターソースに、中国製の餃子の素みたいなものを入れ、味精(味の素)も入れた。
もちろん、水餃子と焼き餃子では少し調味料もちがっていた。春雨入りは、これを、とか言って。
そして最後にネギ油(これも作った)を入れて具の完成。
皮を作る傍らで、包む人。その隣で焼く人、みるみる出来上がった。

b0291805_13233996.jpg
それにしてもデカイ餃子だ。水餃子もこれより少し小ぶりなだけ。
大中小とふぞろいで、焼き過ぎて色の濃いものも愛嬌のうち。
なんだか、皮の薄い肉まん的印象だけれど。



b0291805_13235725.jpg
b0291805_13234635.jpg
男性陣が洗い物をせっせとしてくれて感心してしまった。食器も出してくれるし、こまめなのだ。
女性たちが小姑みたいに、玉ねぎの切り方だの、白菜のしぼり方だのアドバイスしていたのが面白かった。


いつのまにか、おにぎりも出来上がっていた。
b0291805_13241268.jpg

このほかに先生お手製のザーサイがあって、中国茶が出て、みんなでパクついた。
もちろん、美味しかった。
余ったものは持ち帰り、私のきょうの晩御飯は餃子である。


楽しい半日だった。



雨、午後になって激しくなっている。台風は今夜から明日朝にかけてこちらに来るらしい。
被害が出ないといい。












[PR]
by wawa38 | 2017-10-22 14:10 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

法事

母の七回忌と夫の17回忌。一緒に行なった。
妹夫妻と3人だけ、お寺でお経をあげてもらって、墓参りをした。



その帰り道。
b0291805_02045693.jpg
ここは、母を荼毘に付すとき、通った道である。あの時も咲いていた。




夫の亡くなったのは10月の体育の日なので、母との中間の日を選んだのだった。

b0291805_02062789.jpg
夫がなくなって、16年、よく一人で生きてこられたものだ。
故人たちに無事を感謝して、この先も見守っていてくれるよう頼んだ。
今までありがとう、これからもよろしく、である。

妹たちと食事をしながら、しみじみ回想していた。
妹の夫君は、私の夫の友達なのだ。
よい法事だった。






この日の夕陽。
b0291805_02060073.jpg






今の国会解散騒動はどちらを見ても嫌になる。
自然はいいなぁ。







[PR]
by wawa38 | 2017-10-01 02:35 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

海辺の動物園

日の出。

b0291805_14453564.jpg
海を埋め立てた公園側から見た光景。マリンパークというこの公園、河口にある橋を渡っていく。実は、昨日の日の出。
陽が昇る前に家を出なければ日焼けすると思って、頑張って早起きしたのだったが、お日様に追い抜かれてしまった。





きょうは、同じ公園内でもいつもと反対の方向へ歩いてみた。



なんと、キリンがいた。
b0291805_14475608.jpg


ライオンも。

b0291805_14480558.jpg
公園管理事務所の敷地内。
なんで?


笑ってしまった。


もちろん、本物ではない。

反対側は見通しもあまりよくなく、朝は人が少なすぎて一人で歩くにはちょっとコワイ。
だから滅多に行かないし動物がいるなんて今まで知らずにいた。



b0291805_14501421.jpg
こちら側に戻ったら、コサギがいっぱいいた。
本物だ。



b0291805_14470332.jpg
この鳥、いつも同じ場所にいる。
脚が長くていいねぇ。






b0291805_14492925.jpg




b0291805_14463509.jpg






雲の多い朝。写真を撮るにはやはり青空がいい。海は空の色を映すから。
でもこんなぼうっとした景色も好きだな。
b0291805_14494829.jpg

私自身がぼうっとしているからね。



今日はお彼岸。
墓参りは、母の命日20日に行ったし、もうじき法事もするので、今日は行かない。
妹の家でお茶を点ててもらい、栗蒸し羊羹をいただいた。

来週から少し忙しい。



[PR]
by wawa38 | 2017-09-23 16:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

日焼けは禁物なので

b0291805_20571217.jpg

彼岸花、お彼岸の時期にきちんと咲く。
なんと律儀。えらいねぇ、君。

日傘の下でパチリ。

b0291805_20570306.jpg

本当は、新美南吉の里のウォーキングに行きたいのだけれど、先日の帯状疱疹の痕が首筋にある。痕をできるだけ残さないためにも日焼けをしないように医者から言われている。今は我慢のとき。
南吉の里は、いま彼岸花が一面に咲いているそうだ。また来年かな。




b0291805_20580747.jpg
明日葉の花。コンテナ栽培でもふつうに大きく育ち、花まで咲いた。でも食用にするには量が足りない。
夏中、緑を楽しめたからよしとする。



b0291805_20573175.jpg
ベランダに這い出したオリズルランの一種。増えすぎて。


b0291805_20574182.jpg
ハイビスカス。育ち過ぎたので枝を詰めたから、今年はもうこれが最後かもしれない。




秋晴れの一日だった。
夏物衣類の整理をして、秋物と入れ替えをしていた。


平和な日。
続いてほしいけれど、

テレビから聞こえてきた首相のあの演説!
「必要なのは対話ではなく、圧力だ・・・」

あのう・・・、今まで対話の努力をしたことあったの?
そんなことを言えば、却って火に油を注ぐことにならないかな。
いまの北朝鮮の状況、日本が国際連盟を脱退したころの歴史を、ふと思い浮かべてしまう。

そして増税する消費税を教育費に充てるとか・・・??
いまの若い世代にはいいことのようではあるけれど、我々世代には厳しいことになりそう。
それに、借金を返さずに使ってしまっていいの?
未来の子供たちにも厳しいことになるのではないの?


制度にはあまり詳しくない一般市民の私ではあるけれど、感じるのだ。
やな空気を。



b0291805_20591949.jpg







[PR]
by wawa38 | 2017-09-21 22:11 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

茄子のついでに

友人が家庭菜園で採れた茄子を持って来てくれた。
いつもエントランスのところで、ちょこちょこっと話してあわただしく帰っていく。

b0291805_21530929.jpg
今日は孫を一人連れてきたから、いつもに増してせわしなかった。

で、
「北朝鮮、怖いねえ。トランプも何するか分からんし、二人とも病気にでもなって引っ込んでくれないかしらん。・・・北朝鮮が圧力で引き下がるとは思えんわ。プーチンさんの言っていることの方が、納得できる。△※×◎・・・」
と言って去って行った。

私同様、フツーのおばさんである。(違うのは私はあんなに早口ではしゃべれない)
そのフツーのおばさんが思うこと。可愛い孫の未来のために。




b0291805_21570035.jpg
               (西施の衣装のようだ)


茄子のついでのおしゃべり。


あ、ついでにもう一人、日本の首相、今はお腹の具合はよいのだろうか。





[PR]
by wawa38 | 2017-09-19 11:16 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

横にしたい


b0291805_21210208.jpg

間が悪いときに携帯に電話を掛けてくる人がいます。
それが、掛けてくるたびに間が悪いのです。

親戚、友人ではありません。

間の悪い人は、いつも。こちらが授業中だったり、電車の中だったり、病院の中だったり。
でも電源を切り忘れていたのは私が悪いのだからと、今まで何も言わずに来ました。
相手は保険屋さんなのですが、今回はついにカチンときました。マナー状態にはしてありましたがものすごくドキッとしてしまったからです。


彼女からの留守電によると、何やら、年に一度確認で会わなければならないとのことです。本当かな、とも思います。新たに金融商品をいつも勧めますから、どちらが本当の目的だかわからないです。

そのような連絡なら家に電話してくださいと、ショートメールを打ちました。
その返信はメール。
結局、メールでアポ取られました。

もう、もう、怒!


しかし、怒るだけ損でしょうね。
金融機関の人は決して携帯にかけてこないのに、保険の勧誘をする人は独特なのでしょうか(人によりますか。ならば担当を替えてもらうという手もありです)。

とりあえず、
いまは立てた腹を横にしなくてはなりません。



寝ます。
あはははは。つまらないことは忘れて楽しい夢が見られますように。

b0291805_21221968.jpg
             
     







[PR]
by wawa38 | 2017-09-08 22:17 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

いつも通りに戻って

皮膚科で「三度目だから軽かったと思いますよ」と言われ、

先生の経験則に逆らうようで申し訳ないですが、今回が一番重かったです。
・・・とは言わなかった。

「もう普通の生活でいいですよ」と言われて、「そうですか」とにっこり答えたのだった。

b0291805_21204297.jpg
昨日は中国語教室に行き、「一副春联」の「副」という決まり文句のような量詞をすっかり忘れていたことに愕然とし、慌てた。
副、対、双の量詞は似ていて間違えやすい。
日本語で量詞はあまり使わないから余計に覚えにくい。

一双鞋(一足の靴)
一双筷子(一膳の箸)
一对情侣(一組のカップル)
は、まだわかるとして

一副鬼脸(おどけた顏)
一副和蔼的面孔(穏やかな顔つき)
などと、顏の表情に量詞がつくと、これはもうそういうものとして覚えるより仕方がない。

しかし何です? 「鬼の顏」がおどけた顏と言う意味になるなど、日本語の漢字に惑わされているととんでもない訳をすることになる。

あ、やはり覚えきれない!
もう私の限界かも、と思いながら、やめられない。
習っているうちが、私の「いま」なのだ。
b0291805_21185024.jpg

教室が終わった後で、みんなで食事。880円の海鮮定食。
めずらしく先生も加わって、6人。

そのとき、人気者のUちゃんが来週から中国へ行く話をしていた。
蘭州方面だとか。列車を乗り継いで、かなり奥地まで行くらしい。
中国語は堪能で旅慣れている人ではあるし、中国事情に詳しい人なので心配ないとは思うが、「くれぐれも気を付けて」と言っておいた。
いま日本を訪れる中国の人は増えていて、親日、知日の人は増えているとはいうものの、14億人の人口からみたら僅かなものである。却って、中国政府の締め付けは厳しくなっている・・・・というのが私の感じているところ。(日本人よ、国内外のおだてに乗っていい気になるな、気を付けなさい、と思っている私)

でも、寝台列車で旅をする彼女がちょっと羨ましい。行先に太原(私の行きたい場所リストの一つだった)も入っていて、黄河も見るらしい。Uちゃんは賢いし若いからできる。
私には、もうそんな気力と体力はないから、話を聞くだけで満足しよう。

b0291805_21213774.jpg
さてさて、今日はきょうとて、妹の家に。満月の阿闍梨餅という京の和菓子を高島屋で売っていて、それを持参。
抹茶を戴きながら、ぺちゃくちゃ。

妹宅は明日から留守になる。見回り役を仰せつかった。
夫婦でゆったり、というツアーで旅行に行くのだ。行けるうちに、という。
そう、行けるうちに。
この二人の、いま、なのだろう。







[PR]
by wawa38 | 2017-09-06 23:23 | 日常生活 | Trackback | Comments(4)

このぶんなら

帯状疱疹、ずいぶんよくなってきました。
もう痛くないし。
月曜に皮膚科に行くことになっていますから、そのころには、もっとよくなっているでしょう。
それまで、自粛生活です。

でも、痕が残りそう。
それでなくても、シミやそばかすがいっぱいの顏なのに。とほほほ。

b0291805_22163441.jpg
いつもの海の写真です。数日前ですが。


今夕、海を見に出たら釣り人がいました。
台風の風と波があるのに、好きですねぇ。
空気が澄んで、夜景はきれいでしたが。
伊勢湾を挟んで、四日市方面の明かりが見えるのです。


                         (朝です)
b0291805_22121034.jpg
この海岸で先月、花火を見ていました。私が花火をまともに見られるようになったのは数年前からです。
夫が好きだった花火。
あの夏、静養をさせてもらっていた義姉の家、長野の上伊那郡で見て、義兄に連れて行ってもらった飯田でも見て、そして突然自分の家に戻って地元の花火を見ました。その秋です。旅立ったのは。

それから、私は花火の音を聞くと窓を締めきって部屋で寝てしまっていました。
平静に見られるようになるには10年以上かかりました。


と、書けるようにもなりました。


b0291805_22113287.jpg



この夏は気持ちも少し沈み込んでいたのですが、すっきりできたように思います。
ぐっすり寝たせいもあるかもしれません。



b0291805_22151712.jpg
ここで、アルバイトの話が舞い込んできて、いま迷っています。

旅行社の添乗ボランティアは、あまりに疲れるのので、2月に行ったのを最後に断り続けています。
楽しかったのですが、咳が止まらなくなったのを機に中止したのです。


今回はボランティアではなく、バイトです。
週に一度か二度でもOK。但し、たぶん時間帯がモンダイ。
空港の中の仕事です。
そして、中国語が出来ると重宝されるらしいのです。
せっかく習った中国語が活かせるチャンスでもあり、家から近いのも心が動く理由の一つです。職場は寒くないし。


これを逃したら、団塊の世代の私、もうバイトなんてすることはないでしょう。
でも、すぐ辞めるわけにはいかないでしょうから、少しは覚悟が必要。


帯状疱疹が完全に治るころまでに決めようと思います。



b0291805_22155787.jpg





[PR]
by wawa38 | 2017-09-02 23:11 | 日常生活 | Trackback | Comments(8)

全面休養です


日本の上空を何やら飛んだと騒ぎになっております。
あれが花火なら、いいのになぁ・・・

b0291805_11085841.jpg

さて、私の近況。
お盆の行事を済ましたあと、16日には恒例の友人たちの「全員集合」があり、楽しい一日を過ごしました。

20日には、岐阜市の親戚の法事に出かけ、その後ふるまわれた食事を戴きながら従妹たちとも歓談が出来て、よい一日を過ごしました。

b0291805_11562703.jpg
                (金華山と岐阜城)


その後、
平常の生活に戻り、中国語の講座にも出かけ、よしっ、マイペースでコツコツ頑張ろうと思っていました。

でも、ずっと疲れ感が抜けずにいました。

そして、26日には、地元の花火大会が目の前であり、海岸の波しぶきがかかりそうな場所で、一人で一時間見ておりました。
一発か二発、時には連発、こんな花火大会もよいものです。


夕暮れも美しく、
b0291805_11153649.jpg
b0291805_11160822.jpg

やがて暗くなって、
b0291805_11110517.jpg
たまに大きなのも出て、

花火大会はあっさりと終わりました。
b0291805_11093230.jpg
そして週明け。
ん?
ん?



首筋から耳の後ろにかけて湿疹が・・・




飛んで行った皮膚科で、
「帯状疱疹です」と。

そうではないかと思って行った医院ですが、私は過去に2度もやっております。
3度も罹ることがあるのかな。
たいじょうほうしん、が、「退場」と聞こえ、
私、もう退場した方がいいの・・・なんて笑い話みたいなことを内心思っていました。


そして皮膚科から戻った後です。
いた~い! いた~い!
b0291805_11170589.jpg
疱疹の部分はもちろんピリピリ傷みますがが、片頭痛がひどくて、横になってもハアハア言っておりました。
そのうち、痛み止めが効いて、少し楽になりましたが、ヤク切れになる時間には、またズキンズキンと。
翌日、血液検査の結果を聞きに行ったついでに皮膚科で痛み止めを追加してもらいました。
検査結果は何もなくよかったです。


抵抗力が弱っていたのでしょうね。
ま、年齢的にもそういうお年頃。
私、更年期のころは何事もなく過ごしたから・・・今ごろツケが来たのかな。


b0291805_12113545.jpg
いろいろ思いますが、今回の帯状疱疹は意欲たっぷりのようで、髪の中まで進出したがり、まだ発展途上のようです。
完全に治るまでしばらく休養します。



    (サーフボード漕ぎ、スタンドアップパドルボード(SUP)の大会をやっていました)
b0291805_12110612.jpg



八月も、もうじき終わりますね。



[PR]
by wawa38 | 2017-08-30 14:54 | 日常生活 | Trackback | Comments(6)

鳥の巣発見

マンションの植木に鳥の巣を発見。
駐車場との間の狭い植え込み。

b0291805_14565703.jpg
鳥が卵を温めている様子。
じっとしている。


b0291805_14565317.jpg
何の鳥かわからない。
管理人さんと、そっと見守りましょう、と言い合っていた。
そこに、どこかの部屋のクロス張替え工事の人たちがぞろぞろ通りかかる。

「しいっ~」
と、巣の方を指さしたらわかったらしく、足を忍ばせて通って行った。



立秋が過ぎて、虫の音も聞かれるようになったし、コンクリートの住まいでも自然を感じることができる。
うれしい。


外側に植えられた木には実がついていた。
b0291805_14570913.jpg
オリーブのようだ。
暑いことは暑いが、秋も近いのだ。




b0291805_14573175.jpg




[PR]
by wawa38 | 2017-08-14 15:13 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)